桜の郷荘川とその地域の歴史に触れる

桜の郷荘川は岐阜県高山市の国道158号線上にある道の駅になります。

温泉施設も併設されいていて人気がある道の駅になります。春には桜・秋には紅葉がきれいなので、この時期に行かれる方はカメラを用意しておいた方が良いです。売店では春には山菜・夏には高冷地野菜などの旬の物や特産品の販売をしています。

試していただきたいものは、ブルーベリージュースやブルーベリージャムで、お土産に人気商品になります。日帰り温泉の桜香の湯は、露天風呂や家族風呂があり庄川のせせらぎを聞きながらリラックスして入浴することができます。

ボディーソープやシャンプー・化粧水など完備していて、タオルやバスタオルは無料で貸し出ししているので、気軽に立ち寄れることができます。営業時間は、10時から20時30分までで休館日は毎週木曜日・年末年始になります。

入館料は大人700円・子供300円・障害者630円・幼児無料になります。飲食店では荘川名産の荘川そばも食べることができます。

周辺には荘川の歴史にふれることができる施設があります。荘川の里は、寄棟様式入母屋合掌造りの民家を移築して保存して当時の生活様式を伝えている民族資料館になります。営業時間は10時から16時までで休館日は毎週水曜日になります。入館料は大人400円・小人200円になります。